Works - Chef Cinema

アイキャッチ画像

Chef Cinema is an independent place where cafe, bakery and restaurant are all combined together. The place allows costumers to experience different cousins and meals depending on time you visit. The name comes from the idea of having different chefs every day just like new movies in cinema. Customers can also watch hove the food is being cooked.

 

The request was to make a logo that would be able to show the ability of customers to watch the cooking process but not in an obvious way. It also was very welcomed to create a character or a face.

 

The logo was made within a month. Over 30 different ideas were made and suggested as an Illustrator file in the early beginning. On the next step the discussions through Google meeting were made. All the feedback was taken into account and then next suggestions were made. First things first the fint and text style was developed. Then we started to develop the main image for the logo. After choosing the most suitable image, a face with a hand in a ‘pince-nez’ shape, from the suggested variants, over 60 new different faces with different styles and hands suggestions were sent on consideration. And on the final Google meeting the last decision was made and the logo was done on the following days. The image of a man with pince-nez has been inspired by the old French vintage style of late 19th and early 20th centuries when the first movie was invented, particularly by Lumière brothers (the French manufacturers of photography equipment, best known for their Cinématographe motion picture system).

 

シェフシネマは、カフェ、ベーカリー、レストランが一体となった独立した場所です。

 

カフェ、ベーカリー、レストランが一体となった独立した施設であり、訪れる時間帯によって異なるいとこ味や食事を体験することができます。映画館で新しい映画を見るように、毎日違うシェフが登場するというのが名前の由来です。また、料理が出来上がる様子も見ることができます。

 

ロゴマークは、お客さまが料理の様子を見ることができることを、わかりやすく表現してほしいという要望がありました。また、キャラクターや顔を作ることも非常に歓迎されました。

ロゴマークは1カ月で完成しました。初期の段階では、30種類以上のアイデアがIllustratorのファイルとして作成され、提案されました。次のステップでは、Googleミーティングを通じてディスカッションを行いました。そして、そのフィードバックをもとに、次の提案がなされました。まず最初に、フォントとテキストのスタイルが開発されました。次に、ロゴのメインイメージの開発に取り掛かりました。ピンスネズ」の形をした手を持つ顔という、最もふさわしいイメージを提案されたバリエーションから選んだ後、60以上の異なるスタイルと手を持つ新しい顔の提案が検討用に送られました。そして、最後のGoogleミーティングで最終決定し、翌日にはロゴが完成しました。ピンスネックのイメージは、19世紀末から20世紀初頭にかけて、リュミエール兄弟(フランスの写真機メーカーで、シネマートグラフィーの映画システムで有名)によって初めて映画が発明されたときの、フランスの古いヴィンテージスタイルからインスピレーションを得たものである。

Works - Archive